福島第一原発炉心溶融(ろしんようゆう)メルトダウンは本当に大丈夫か?

3月 17th, 2011  |  Published in 3.11東北地方太平洋沖地震, 徒然

3.11の地震と大津波の影響で福島第一原子力発電所のトラブルは、状況が悪化する一方だ。

現時点では、使用済燃料のプールの水が不足し、炉心溶融(ろしんようゆう)の恐れがある。

自衛隊と機動隊の放水車でプールに水を溜めるらしいが、はたして結果はどうなるのだろう?

もし・・・

失敗に終われば間違いなく炉心溶融(ろしんようゆう)し、高濃度の放射線がばら撒かれる事になる。

米シンクタンクは、3/15の時点で既に「レベル7」到達の恐れありと報じている。

「レベル7」到達の恐れ=福島原発事故-米シンクタンク
【ワシントン時事】米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は15日、声明を出し、福島第1原発事故の状況が国際原子力事故評価尺度(INES)で2番目に深刻な「レベル6」に近く、最悪の「レベル7」に達する可能性もあるとの見方を示した。
日本の経済産業省原子力安全・保安院は先に、今回の事故の暫定値を「レベル4」と発表していた。
ISISは声明で、福島第1原発の1~3号機で爆発があったことや、4号機の原子炉建屋で火災が起きたことを踏まえ、「この事故はもはや(局所的な影響を伴う)レベル4とはみなせない」と指摘。緊急措置と広範な放射能汚染対策で国際社会の支援が必要だと強調した。
INESは、安全上の懸念がないレベル0から8段階で評価。1986年の旧ソ連のチェルノブイリの原発事故を「7」、1979年の米スリーマイル島原発事故を「5」としている。(2011/03/16-11:13)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031600432&rel=m&g=soc

国民として見守るしかできないが、各地の放射能レベルを公表し、避難範囲を明確にして欲しいと思う。
このままでは、被爆を恐れ更なるパニックになってしまいそうな気がしてならない!

放射線測定器セット(ガイガーカウンタ)を個人で購入し、放射能レベルを測定しなくはならない事態だけは是が非でも避けたいものだ。


【放射線測定器セット(ガイガーカウンタ)】


ガイガーカウンターデジタル放射線測定器 詳細

◆放射線測定器セット(ガイガーカウンタ一覧


Check

Leave a Response


鴨川シーワールドニュース

Flickr Photo

www.flickr.com

Twitter


Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.